Home

大台

2017/11/10(Fri) 16:43

ママの歳 追い越しちゃったなぁ


大台に乗っちゃったよ。


同い年だったママは5/4生まれで


当たり前だけど毎年 先に誕生日を迎えてた


49歳で逝ってしまったママを


今日、初めて追い越した。


誕生日だからと言って


特別な事をする訳じゃないけど


「今日、誕生日だね」


そんな一言でも嬉しかった。





もう一度、言ってくれないかな・・・。



スポンサーサイト

Category:未分類

comment(0trackback(0

夢の話

2017/11/02(Thu) 14:16

いつもと変わらず笑顔で家事をこなしているママ


病院で余命1年と告げられたらしい


でも、なんで普通にしていられるのか不思議だった。


彩と3人で買い物行ったり


途中の道を間違えて笑ったり


いつものママだった。


あと1年・・・その日が来るまでに


どうやって感謝の気持ちを伝えようか


どうやって自分の愛を伝えようか


考えていた。


記念日に何かしてあげようかな


クリスマス?誕生日?


と考えてた時に6/3という日が頭に浮かんだ


6月3日?


ママの命日だ・・・。


そう思った瞬間、目が覚めた。


夢の中では元気なままで


その日を迎える事はなかったけど


現実の世界にはもういなかった。




もう一度会いたい


いつの日にか、また・・・。


0170b7f2d4859806998071c1b6d18f9450fb8832d7.jpg




Category:ママの事

comment(0trackback(0

杜鵑草

2017/10/01(Sun) 00:35

人は何故 戯れに
叶わぬ恋に身悶えて
せつなさと虚しさに
心をみだすのでしょう?

逢いたくて恋しくて
あなたと共に添い遂げて
もし夢が叶うなら
生まれ変われますように

川は流れ水面 煌いて
木立そよぐ緑 麗しい
夏の日が蘇る

星の瞬きより儚い人生(いのち)と
君と出会って覚えた
砂の粒より小さな運命(さだめ)忍んで
見つめ合った日は帰らず

時は過ぎ人は去(ゆ)き
全てが思い出に変わり
幸せの意味さえも
サヨナラの後で知る

長い旅の途中の車窓には
冬の風に吹かれてなびく
面影がゆれている

寂しがり屋の誰かを励ますように
こぼさぬように 涙を
あなたがいつも笑顔でありますように
たった一言の「お元気で」

星の瞬きより儚い人生(いのち)と
君と出会って覚えた
砂の粒より小さな運命(さだめ)忍んで
繋ぎ合った手を離して
振り向かないで未来へ
見つめ合った日は帰らず


ほととぎす[杜鵑草] /がらくた by 桑田佳佑




先週、パールランドへ行ってきた。

新城 I Cを降りてパール家へ向いながら

実家へ向かっているような感覚になった。

みんなとママとの思い出も沢山ある

居心地のいい場所。

よくわからないけどなんとなく

毎回ママも来てる様な気がする。



あの日から484日

朝晩の冷え込みが

寂しさを増してくれる。




 


Category:未分類

comment(0trackback(0

物差し

2017/09/21(Thu) 21:58

人によって価値観は違う


みんなそれぞれ自分の物差しみたいなもがある


それが大きくずれてる人とは


お互いに相当な我慢や歩み寄りをしないと


上手くやっていけないと思う。



こーちゃんの火葬から1週間経った日曜日


家に帰ると2匹の子猫が居た。


こーちゃんが居なくなって寂しいのはわかる。


でもちょっと早過ぎない?


誰が言い出したのかは聞いてはないし


聞くつもりもない。


義母の知り合いのところで生まれてたらしい。


もし相談されてたら反対した。


火葬から日が浅いというのもあるし義母が居る間は


また外飼いにしそうな気がしたから。


それともうひとつ


主に猫のごはんの世話をする義母の感覚


食べかけのフードが入った器が人間の食べるおかずと


一緒に置いてあったり、シンクの中に人用の食器と猫用の器が


混ざったりしてること・・・これが嫌だったから。


ママが居たときはママから注意してもらってたけど


今はね・・・。


好きになって結婚してお互いが歩み寄って


同じような価値観になっていったママは


唯一無二の存在・・・帰ってきてくれないかなぁ。



ママ、こーちゃんと会えた?

段々そっちが賑やかになっていくね。

そっちの世界の方が楽しそうに思えるよ。

みんなに会いたい。





Category:未分類

comment(0trackback(0

お別れ

2017/09/12(Tue) 20:22

日曜日 昼前


なんとか出してあげることができ


家族みんなでダンボールにお花を入れ


市の斎場へ連れて行くことができました。




でもね


3年は短すぎるよ、こーちゃん


もう少し、家族のそばに居てくれると


思ってたのに・・・。


やっぱり外飼いは駄目だな


リスクが大きすぎる。


ずっと反対してたけど


外へ出るのを癖にしたら直らないよね。



いつも神出鬼没のこーちゃんだったから


今でも散歩中どこからともなく現れる


そんな気がしてならない・・・。


尻尾をピィーンと立て


近くを走り抜けたり


時には足元に擦り寄って


抱っこをせがんできた


そんなツンデレがたまらなく可愛かった。


ふわふわの感触が気持ちよくて


触りすぎるといつも噛み付かれた


もう噛み付いてくれないんだよね


また淋しくなっちゃったなぁ


家族の灯火がだんだん小さくなっていく


悲しいこと、もういらないのに・・・


やっぱり神様なんていないと思う。













Category:未分類

comment(0trackback(0

こーちゃん

2017/09/10(Sun) 09:08

securedownload (2)


家の出入りが自由だったこーちゃん


ほとんどの時間を外で過ごしていた、


ワンコの散歩へ出掛けると


何処からかともなく現れて


一緒に歩き、時には抱っこして


いつものコースを周った。


首輪についてる鈴の音


こーちゃんが近づいてくる合図


姿を見なくなってから毎晩


ベックと一緒に何度も探した。


秋の虫の鳴く音と鈴の音が重なる。


たとえ帰ってこなくても何処かで


元気にしてるならそれで良い


そう思ってた。


でも、予想してた最悪の結末。


近所の人が見つけてくれた。


家と家の隙間で変わり果てた姿で


昨日仕事から帰って義母から告げられました。


たった3年だったけど


その3年にはいろいろな事が起こり


家族に癒しを与えてくれたこーちゃん


ずっと犬派だと思ってた自分は


猫がこんなに可愛いと思わなかった。




今日、その場所から出してあげるからね。


ママとジェイ君のところへ行っておいで


琥珀 ありがとうね


013ca8428c8181593ea5a50f241cc971decef608b5.jpg

Category:未分類

comment(0trackback(0

2017/08/28(Mon) 17:50

琥珀が帰ってこない。

食欲もなく異変を感じて土曜日病院へ

喧嘩で怪我すると元気がなくなる

今回もそうかな?

と思い点滴と注射をしてもらい帰宅

しばらくはケージに入れて様子見

その後外出

日曜日の昼過ぎに一度帰ってきた時

薬を飲ませようとしたら激しく抵抗して

そのまま脱走

普通なら1日に数回帰ってくるのに

それ以来誰も姿を見ていない。

ちょっと心配。



また、知ってるワンコが星になった。


先月の初めだったらしい。


悲しいお知らせが今年は多い。


そういう年代のワンコが多いから仕方ないかもしれないけど


やっぱり寂しいね。



幸せだったね 安らかにね・・・。







見慣れないアパートの一室


中でママが自分の帰りを待っていてくれた


嬉しそうな笑顔のママを抱きしめた


懐かしい匂いがした


『ママの匂いだ』と思った瞬間


目が覚めた。


もう少し一緒に居たかった。


せめて夢の中ぐらいは・・・。





Category:未分類

comment(0trackback(0

姉妹みたいな

2017/08/21(Mon) 21:36

先週末は荘川 一色の森でキャンプでした


向かう途中のひるがのSA


前回きたのは2015年の11月7日


誘われて荘川の鴨鍋食べに行った時


紅葉が綺麗だった


嬉しそうに眺めてたママの横顔


いっぱい写真撮ってたなぁ


思い出とまでは言えない そんな記憶に


涙が溢れる。


これからみんなに会うのに、寂しい。


気持ちを切り替えながらキャンプ場へ向かった。


7家族大人13人子供2人の大所帯は


ボーダー繋がりで10年以上の付合い


気心の知れた仲間ばかり


ママとの思い出も沢山共有してる


でもみんな気を使ってるのか


自分から言わない限りはママの話題にはならない


思い出話が出来る数少ない人達と


本当はもっとママの話をしたいけど


その場の空気があるからしょうがないね





ひとつ嬉しい話が聞けた


Yちゃんが数日前に見た夢の話


内容は抽象的で意図は分からないけど


自分とママと彩が夢に出てきて


ママと会話した内容を教えてもらった


生前、ママは彼女の事が大好きで


親子ぐらいの年齢差があるのに


姉妹のような関係に見えた


そんな彼女に託したママからの想いは


今、自分の中で解析中ですが


ママの夢を見てくれた事が嬉しかった





美味しいもの食べて沢山笑ったキャンプも


帰り道はやっぱり寂しさがこみ上げて・・・





来年も また行きたい。
















Category:未分類

comment(0trackback(0

お盆

2017/08/11(Fri) 22:42

今やってる現場も昨日で一区切り



工程どうりに行かない現場は久しぶりで



それでもなんとか目処はついた



昨日の帰りはすでに渋滞が始まっていた



いつもなら東名~名神で帰るところを



渋滞を避ける為に豊田東から東海環状を使って帰った。



途中の可児御嵩で一旦降りて八百津へ寄り道



美味しいと噂のお店2軒へ寄ってみた。



1軒目は肉屋さんの御嵩屋
https://mitakeya.com/



ここは焼豚が有名で家用と来週のキャンプ用の2つ購入。



2軒目はうな好という鰻屋さん



自分ひとりだけ鰻を食べるという後ろめたい気持ちもあったけど



現場が無事に終わった自分へのご褒美として・・・。



長焼き定食とう巻きとノンアルコールで¥3800



久しぶりに美味しい鰻を食べた。



ママにも食べさせてあげたかった・・・。





お盆



亡くなった人が帰ってくると言うけど



ママはいつもその辺に居るような気がする



最近、宗教的な事や昔ながらのしきたりに



疑問や違和感を感じることがある。



お骨はお墓やお寺に収めるのが一般的だけど



自分がずっと一緒にいたいと思えば



無理にそうすることはないのかな?と



遠く離れたお墓にママをひとり置いてくるのも



寂しがる様な気がする。



だから当分は自宅に置いておこうと思う。



宗教的な考え方の違いはひとそれぞれで



それが原因で戦争が起こったりすることもある



どの宗教が正しいとか答えはないと思う。



残された人間が故人を想い偲んでいれば



亡くなった人にも伝わると思う。



大切なママを失ってからは



神様も仏様も居ないと思うようになった。









Category:未分類

comment(0trackback(0

思い出す時

2017/08/05(Sat) 23:18

仕事帰りの高速道路



今日は長良川花火の影響で渋滞



一緒に見たあの日を思い出す。



思い出の中のママはいつも笑顔で



嬉しそうに笑ってる。



優しく照れくさそうに笑ってる。



逢いたいな・・・。

Category:ママの事

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ